現代の住宅の風水を取り入れた間取りなどについて

人は少なからずとも風水などを信じ建物を建てるときなどは、この様なことを参考にして間取りや家の向きなどを決めてきました。歳をめされた大工の棟梁などは鬼門と呼ばれる場所を避けて家や住宅を建ててきました。しかし現代の住宅事情は敷地が狭い場所に家を建てるケースが多くこの様な風水で不吉とされる場所などを極端に気にしていると家を建てることが困難になり家を建てることができなくなります。しかし人間は不思議なもので直感的に気持ちが落ち着かない、空気が重たいと感じる方もいます。そのようなことで木の乱れは人間も不安定にさせてしまうと言われ、様々な問題が発生するといわれています。風水を用いて家の間取りを決める場合は隣の家や道路の位置、自身の家族構成などの要素も取り入れられ、風水だけを用いた間取りだけではなくなってきています。特に重要な点は基本的な風水の要素を取り入れながら、これから長い間住まいととなる自宅の住みやすさや利便性を考えながら間取りや設計をすることが大切です。風水の基本的な事柄は寝室や玄関、リビングなどは吉方向に設計することが基本で風呂やトイレ、キッチンなどの水場は凶の方向でも良いとなっており、これらの要点を当てはめながら階段、や廊下、子供部屋などを決めていきます。また風水では気は玄関から入ってくるとされ、玄関の位置は非常に重要視され、家の顔ともなっており家運にも大きく影響されるといわれています。その為、吉の方位に向けて設計され、東、東南、南、西、西南に造られます。色々な気のエネルギーが入ってくるとされる玄関は光がよく入り明るい状態にすることが重要とされ、玄関が汚れていたり靴や生活用品が散らかっていると陰の気が溜まってしまいますので、こまめに整理や掃除を行い、明るい雰囲気を持たせることがポイントです。その他、花や観葉植物を置く事や絵画などを飾って明るい雰囲気にすると運気が上がるとされています。

Comments are closed.